経営者必読!資金調達の種類とその方法

順調に資金調達をしよう

準備は早く済ませよう

創業補助金とは

創業補助金という名前の補助金を知っているでしょうか。
200万円までなら、国が補助金を出してくれます。
会社の経営をスタートさせる時は、200万円があれば十分だと思います。
金融機関から借りる方法と大きく異なる部分は、返済がいらないことです。
金融機関に相談すると、お金を借りるので当然返済しなければいけません。

ですが補助金は国からもらうものなので、返済が不要だと言われています。
お金の少ない経営者にとって、非常にありがたいですね。
しかしいつでも募集しているわけでないので、頻繁に情報をチェックいけません。
また、便利な制度なのでたくさんの人が使いたいと思っています。
募集人数を超えた場合は、抽選になると覚えておきましょう。

再就職手当をもらう

これまでに働いていた会社を辞めて、新しく自分で会社を作りたいと考えている人もいるでしょう。
その人は、再就職手当が適応されます。
この場合も審査を受ける必要がありますが、簡単な審査で済みます。
前の会社を辞めて、新しく会社を始めるという事実があれば誰でも補助金を受けることができるので、すぐに申請してください。

再就職手当は、申請できる期間が決まっています。
会社を辞めてから1か月以内と短いので、忘れないで申し込んでください。
この期間内に、申請書を郵送で送れば申し込みは完了になります。
簡単な方法で申請できるので、再就職する人は使わないと損です。
1か月が経過すると補助金をもらえなくなるので、まず申請を終わらせてください。


▲先頭へ戻る