経営者必読!資金調達の種類とその方法

順調に資金調達をしよう

良い方法で資金調達をする

制度を詳しく見てみよう

企業を経営する時に必要な資金を集める時は、制度を利用する方法があります。
3000万円まで借りることができるので、たくさんのお金を必要としている人に向いています。
申し込んでから実際に御金をうけとれるまで、かなりの時間がかかると言われています。
最低でも1か月、遅いと2か月や3か月待たないといけません。

資金が調達できていないことが原因で、起業が失敗する恐れがあります。
早い段階で、必要な資金を揃えておかないといけません。
制度を利用して資金調達をするなら、すぐに申し込みを済ませてください。
スムーズに審査を通過できれば希望した金額を受け取れるので、経営に活かせるはずです。
申し込むタイミングを見極めましょう。

公庫から借りる

最近は会社を経営する時に、政府が出資をしてくれる公庫からお金を借りる人が多いです。
その理由は、様々な負担が少ないからだと言われています。
他の金融機関からお金を借りる時は、担保が必要になります。
自分が持っている土地や不動産を、担保にしなくてはいけません。
万が一借りた金額を返済できなかった場合は、担保を失ってしまいます。

しかし公庫からお金を借りた場合は、担保を用意する必要がありません。
負担がほかの金融機関などに比べて少なくなるので、多くの人から好まれています。
審査を通過するまでの時間が早かったり、簡単な審査で済ませることができる部分も
大きな魅力でしょう。
少ない負担でお金を借りたいなら、まず公庫に相談してみましょう。


▲先頭へ戻る